行列のできるペットロスカウンセリング口コミ

行列のできるペットロスカウンセリング口コミ

安楽死で亡くなった愛犬の気持ちがわかり、後悔の日々から開放されました。

我が家には、10歳になるゴールデンレトリーバー愛犬ジョリーがいました。


3年前、骨肉種になり、動物病院の先生には、片足を切断するか、投薬かといわれました。


散歩が好きだったのと、切断しても、転移する可能性があるということで、しばらく投薬を続けました。


痛み止めがどんどん効かなくなり、散歩も喜ばなくなりました。


もう長くはないといわれました。


とても苦しそうに見えるので、安楽死を選んだほうがいいのではないかと、動物病院の先生にはいわれました。


私もどうようの気持ちを持っていますが、同時にかけがいのない家族ジョリーをうしなうという事に、とても躊躇がありました。


もしかしたらジョリーが生きたがっているのに、安楽死を選択するのも、人間のエゴだしと思うと、なにが一番正しいのかわかりません。


周りからの勧めもあって、そして最終的に安楽死を選びました。


周りからは、それでよかったんだといわれますが、申し訳ない気持ちしかわきませんでした。


それいらい体調もどんどん悪くなり、眠れなくなりました。


食べては吐くをくりかえしたり、急にかなしくなって、仕事中にすーっと涙がながれたり。


生活に支障をきたすようになり、もうどうにかしないといけないと思うようになりました。


心療内科を受診すると、ペットロスの症状ではないですかといわれました。


しらべてみるとまさにペットロスの症状でした。


ペットロスの症状というのは、特殊なことではなく、とても自然なことだそうです。


時間が解決してくれますよといわれました。


たしかに時間が解決してくれるのかもしれません。


しかし生活が完全におかしくなり、どうしようもありませんでした。


ペットロスのカウンセリングをしているところを探しましたが、その当時、ペットロスが、まだあまりメジャーではないこともあって、納得できるところがみつかりませんでした。


そうこうしているうちに、取引先とトラブルを起こしてしまい、会社で問題になりました。


上司には「お前はいつも頭だけで判断する。実際にやってみれば、想像とはちがうこともあるだから、まずチャレンジするのも必要だぞ」とひどくしかられました。


幸いトラブルは上司がかばってくれたので、事なきをえましたが、もうどうにかしないといけない状態になりました。


そんな時、ペットロスを占い師の鑑定でのりきったという、目をうたがうような書き込みを目にしました。


さすがに占い師が解決できるわけないだろうと。その時はいったんページを閉じたのですが。


その日の夜、夢にジョリーがでてきて、なにか訴えているのです。


私は上司の言葉とジョリーとの訴えたそうな姿が、ダブってみえて、昨日みた占い師が解決したという話をみました。


そこで紹介されていたサイトがこちらです。



この体験談を書いたかたも愛犬をなくし、ペットロスになったそうで、とても共感できる内容でした。


ここまできたら、いちど試してみようかと、相談したところ。


ほんとうに驚くようなことをいわれました。


・仕事のトラブルのこと
・家族関係のこと
・そしてそれを亡くなった愛犬が心配していること
・まいにちオカシを供えてくれていること
そして次男がとても私のことを心配していて、それで学校の勉強に集中できていないこと。


などなど本当に見えているというのは、この事だというほど驚きました。


ただ驚いて寒気もしたのですが、先生の言葉が、ほんとうにジョリーと話をしているようなかんじで、とても暖かく。


その日は寒い日だったのですが、なぜか腰の周りがぽかぽかしていました。


20分くらいだったでしょうか。とても気分がよくなって鑑定を終え、電話を切ると。


腰のへんから「ワン」という声が聞こえ。これがまぎれもなく。ジョリーの声だとわかりました。


すこし特徴のある声をしてるんです。


うれしくなって腰のへんをみてみると、一瞬ジョリーの姿がみえました。


とてもうれしそうにしているのです。


そしてその姿は一瞬で消え、腰のまわりの温かさもスーッと消えました。


ジョリーが来てくれていたんだと今でもそう思っています。


ちなみに予約待ちの行列ができる先生ですが、初回は優先的にみてもらえました。


気持ちの中のわだかまりはスッカリとれて、仕事にも集中できるようになりました。


ただペットロスのカラダへの影響は思いのほか強く、何度か占いの先生とお話しました。


そのたびにジョリーのイメージがでてきて、暖かさに包まれスッキリしました。


私はジョリーの死が受け入れられず、苦しみました。
それがペットロスだときづき、どうにかしたいと思いました。
ただわかったのは時間が解決してくれるということだけでした。
生活に支障がきたすので、なんとかしたいと思った私は占いでなんとかなるという話を聞きました。
そして占いを試した結果。スッキリしました。
ただ根深かったので、完全にスッキリするには、何回かお話をしてからでした。


いま私はジョリーがいたころよりも元気で働いています。


ペットロスは時間が解決してくれるようです。


とても不思議な話ですので、信じていただかなくてもけっこうです。


ただもし私のようにすばやくなんとかしたいとお考えなのであれば、選択肢として検討されるのもいいと思います。


長文しつれいしました。